グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム > 大學案內 > 名駅キャンパス(サテライト) > オープニングセレモニー

オープニングセレモニー



名古屋外國語大學 名駅キャンパス(サテライト)開設 ? オープニングセレモニー開催

2021年10月20日(水)、名古屋外國語大學 名駅キャンパス(Meieki Campus)の開設に伴うオープニングセレモニーを挙行しました。
絶好の秋晴れのもと、學內関係者約60名が出席したセレモニーは、亀山郁夫學長の挨拶に始まり、山本裕香さん(大學院國際コミュニケーション研究科博士前期課程)が院生?學生を代表しスピーチを行いました。

名駅キャンパス入口
「BIZrium名古屋」6階

続いて、本學関係者と學生代表によるテープカットを行い、名駅キャンパスの完成を祝いました。最後に中西克彥學校法人中西學園理事長から挨拶があり、セレモニーは終了しました。閉式後は、名駅キャンパスの內覧會を行い、名古屋外國語大學の新たな拠點が華々しくスタートしました。

亀山學長の挨拶

新キャンパス設置の趣旨は、これまで以上にソーシャルディスタンシングに配慮し、學生の不安を少しでも取り除き、精神的なゆとりをもって學ぶことができる空間を提供することにあります。名古屋駅から徒歩12分という利便性、大都市の中心にありながら水と緑に恵まれた環境も、私たちの決斷を促す大きな要因となりました。この新キャンパスで地域との連攜を図り、種々の企業體とのコラボレーションを積極的に模索しながら、逞しいビジネスマインドと先端的な感性を備えた「世界人材(World Human Resources)」の育成に勵んでいきます。

學生代表の挨拶

名古屋駅周辺の都會にありながらも、日進キャンパスに劣らない緑豊かな環境が周囲にあり、心にゆとりをもって學ぶことが出來ると思います。まだ対面授業が葉っていない大學もある中で、このような環境で學べることを感謝しつつ、より勉學に勵んでまいります。
學生代表 山本裕佳さん

中西理事長の挨拶

長い期間に亙る多くの方々のご協力とご理解によって、無事に名駅キャンパスが開設し今日の良き日を迎えられたことを大変喜んでおります。コロナ禍でのオンライン授業により、學生同士または先生方との交流が思うようにできない現狀を打開すべく、サテライトキャンパスを開設したことは正しい決斷であったと確信しております。このキャンパスでしっかりとした授業が行われること、そして、このキャンパスが十分活用されることを願っています。

本學が名駅キャンパス(サテライト)を設置することになった場所は、名古屋再都市計畫の一環として、名古屋市西區則武新町に新たにオープンした商業施設「イオンモールNagoya Noritake Garden」が併設したオフィスビル「BIZrium(ビズリウム)名古屋」の最上階6Fフロアです。名古屋駅から北1㎞圏に位置し、都心でありながら自然環境に恵まれた希有な立地が特徴です。
館內には新たな換気システムや最新設備が導入され、徹底した防疫対策が講じられています。
眼下には緑豊かな「ノリタケの森」が広がり、名駅キャンパスから一歩外に出ると至近距離にショッピングモール、レストランゾーン&フードコート、大型クリニック、ブック&カフェ、ヘルス&ウェルネスゾーン、プラネタリウム、郵便局等、まさに人々の生活のエッセンスとも言うべき空間が在ります。
草蜢社区日本在线直播-忘忧草社区在线WWW-免费看黄A级毛片