グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム > 留學?國際交流 > 関連プログラム > 外國人留學生支援プログラム

外國人留學生支援プログラム



バディ?プログラム Buddy Program

バディプログラムとは、名古屋外國語大學で學ぶ外國人留學生が日本で実りある留學生活を送るため、在學生がボランティアで來日する留學生の日本での生活や學生生活のサポートを行うプログラムです。
來日したばかりの留學生は、日本の生活習慣や様々なルールなど、わからないことだらけです。彼らがスムーズに日本の生活に馴染めるよう手助けをしてあげるのがバディの大切な役目です。基本的に、留學生1名に対してNUFS生2~3名のグループを作ります。常にバディ?グループで行動することは求めませんが、グループ內で相談して協力しながら留學生へのサポートを行うよう心がけてください。
相手のあるプログラムですので、責任ある行動が求められますが、あまり難しく考え過ぎずに、留學生をサポートしたい!という學生はぜひ參加してください。過去のバディの中には、バディプログラムが終了した後も交流を続けている學生が多數いますので、外國人の友人を作る良い機會にもなります。留學生の良き友?良きパートナーとして一緒に楽しみましょう。

主な活動內容

外國人留學生の一人一人、必要とするサポートが異なります。パートナーと良く対話し、どのようなサポートが必要か確認しつつ、活動してください。

來日前(EmailやZoomなどオンラインで)
自己紹介、日本での生活や名古屋外國語大學についての情報提供 など

來日後すぐ
市役所での住民登録の補助、ゆうちょ銀行での口座開設の補助、キャンパスツアー、學內施設の利用方法説明、買い物補助、その他生活情報の提供、國際交流課が企畫するイベント等への參加 など

本學での留學中
來日後すぐのサポートのみを必要として、生活に慣れれば必要としない學生がいる一方で、本學での留學中ずっとサポートを必要とする學生もいます。パートナーとなる留學生が求めることをよく確認して対応してください。サポートする中で迷うことや疑問に思うこと等があれば國際交流課へ相談して下さい。

帰國時
市役所での転出手続きの補助、ゆうちょ銀行での口座解約の補助、その他帰國前の手続き補助 など

活動期間

パートナーの外國人留學生の來日前から帰國時まで(1學期間もしくは2學期間)

使用言語

パートナー(外國人留學生)の日本語能力に応じて、日本語もしくは外國語(英語、フランス語、中國語など)で対応してください。留學生が希望する言語でお願いします。

注意事項

  1. 參加希望者多數の場合は抽選となります。
  2. 參加希望者の學科や語學能力等を考慮して、國際交流課にてバディ?グループのメンバーを決定します。(參加申込フォームにTOEFLスコアを記入していただきます。)
  3. このプログラムの目的は外國人留學生への支援であり、ご自身の語學力向上等が目的ではないことをご承知置きください。(サポートする中で語學力が向上したり、友人が出來たり、といったことはあり得ます。)
  4. パートナーとなる外國人留學生の國籍や性別は選べません。アメリカ?イギリス?オーストラリア?フランス?ドイツ?イタリア?中國?臺灣?韓國など様々な國から來日します。
  5. このプログラムでの活動に対して報酬等は支払われません。
  6. バディ?グループ間での連絡のために、參加者のEmailアドレスを他のメンバー(NUFS生及び留學生)に提供します。(Emailアドレスは參加申込時に登録したものを使用します。NUFS生の場合はNUFS-Gmailアドレスを使用します。)
  7. 擔當する留學生や他のバディの連絡先等の個人情報は、お互いの連絡のみに使用し、第三者には絶対に譲渡?公開しないでください。
  8. 擔當する留學生に対する商用や政治、宗教、思想その他に基づく各種の団體の宣伝?勧誘は禁止とします。本學のサークル?クラブ?學生団體の場合はこの限りではありませんが、參加については留學生個人の意思を尊重し、加入を強要することのないように注意してください。
  9. バディとして擔當する留學生との交流については、十分な信頼関係が築かれるまでは、相手との面會は公共の場で行うようにしてください。
  10. いかなる場合でも、留學生の出身國や特定の國籍、文化圏、人種、宗教、性別及び性的志向に対する偏見や固定観念に基づく発言、およびそれらに関する個人的な意見を留學生に押し付けたりすることの無いよう注意して下さい。
  11. 留學生の中には日本での生活経験がある場合もあり、留學生によって必要とするバディのサポートが違うという點を十分にご理解ください。留學生が日本でスムーズに生活を送れている場合は連絡が來なくなることもあります。

2021年度2期の募集について

現在、日本政府は海外からの新規入國を停止しており、外國人留學生は入國できない狀況が続いています。
2021年度2期にバディプログラムへの參加を希望する學生には、まず、バディとして登録していただき、留學生の居住する國?地域からの入國禁止措置が解除された後、留學生が來日する狀況となった時に、パートナーを決定してお知らせします。留學生一人一人、來日する時期が異なりますので、來日が決まった留學生から順にパートナーを決定していきます。なお、留學生の全體もしくは一部が來日できない可能性がありますので、ご登録いただいてもバディとして活動していただけない場合がありますので、ご了承のうえ、お申込みください。

活動開始時期
外國人留學生の來日が決定し、國際交流課からパートナー情報が屆いた時から
※2021年度2期は2021年8月17日以降、2021年11月15日までに來日できることになっています。ただし、日本政府が入國禁止措置を解除してから、留學生は來日する日を決定します。
※バディとして採用されていても、2021年11月15日までにマッチングされなかった場合は、2021年度2期のバディプログラムへの參加はできませんのでご了承ください。
※來日後に自主待機が必要な場合は、空港近くのホテルで自主待機を完了してから本學の留學生宿舎へ入居します。実際に対面で対応するのは、留學生宿舎へ到著してからです。パートナーが決まってから留學生宿舎へ到著するまでは、Emailなどオンラインでご対応ください。

參加申込受付期間
2021年7月20日(火)~7月26日(月)

募集人數
最大150名

応募資格
名古屋外國語大學の2年次以降に在籍していること(休學中及び海外留學中は対象外)
※2021年度2期に休學を予定している學生、又は2021年度2期(2021年9月~2022年1月)に留學を予定している學生は申し込めませんので注意して下さい。

申込方法
申込みフォーム(以下URL)よりお申し込みください。
https://forms.gle/przP9pdy2RkL845q7

採否結果発表
2021年7月28日(水)にポータルもしくはEmailでお知らせします。

バディ?ミーティング
バディとして採用が決まった學生対象に以下の日程でミーティングを開催しますので、必ず參加してください。
バディとしての心得等を説明し、ご質問を受け付けます。
やむを得ない理由で參加できない場合は必ず事前にご連絡ください。事前連絡なく欠席した場合はバディを辭退したものとみなします。

 ?バディ?ミーティング開催日時: 2021年7月29日(木)10:00~11:00
   ※Zoomで実施します。ミーティングURLは採択された學生にお知らせします。


問い合わせ先

國際交流課
Email: incoming_gg@nufs.ac.jp
TEL: 0561-75-1756
草蜢社区日本在线直播-忘忧草社区在线WWW-免费看黄A级毛片