グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム > 外大の気になる特色 > パワーアップチュートリアル

パワーアップチュートリアル



學生4人と外國人教員1人で行うALL ENGLISHの
“超”少人數授業「PUT(Power-up Tutorial)」全學部?全學科必修

外國語で考え、外國語で発信する力の土臺づくりに當たる名古屋外大特有の教育システム。

學生4人と外國人教員1人で行う、4対1の“超”少人數授業「PUT」は、ALL ENGLISHの英會話授業。學生からの人気も高い、全學部?全學科対象の教育システムです。その主な目的は、2?4年次の高度な語學力を必要とする講義や、長期の留學に対応するための土臺づくりをすること。4年間で積みあげていく語學學習の第1段階に當たる欠くことのできない授業です。

英語を母語とするさまざまな教員による“ALL ENGLISH”の授業!

英語を母語としながらも、さまざまな國籍とバックボーンを持った外國人教員が授業を擔當。世界のさまざまな話題を學生に提供することで「英語で考える力」や、お互いの意見をぶつけ合う時間を持つことで「英語で発信する力」を養う機會をつくります。大量の英語を単に「聞く?話す」にとどまらず、英語で「考え、発信する」をトレーニングするALL ENGLISHの授業です。

さまざまな視點や考え方に觸れて、國際理解の力を養う。

會話する相手が変わると、さまざまな視點や考え方に觸れられます。例えば、外國人教員が用意する題材は、日本のマスコミでは取りあげられなかった出來事であったり、同じ出來事でもまったく違った視點から報道されている記事であったりします。知識だけでなく新しい視點を取り入れ、それぞれの國や人々がどのように考え、何を大切にしているかなど、文化や歴史的背景の理解も深めることができます。

フランス語學科では「英語とフランス語」、
中國語學科では「英語と中國語」の“W-PUT”を実施!

フランス語學科?中國語學科では、グローバル化社會での英語の重要性を考えて「英語」を基盤言語とし、1年次に英語での「PUT」を開講していますが、専攻言語である「フランス語」や「中國語」の「PUT」も、基礎固めを終えた2年次より開講。長期留學や2?4年次にフランス語や中國語で行う専門研究に対応できるよう、フランス語や中國語で考え、発信する力を養います。

日本の魅力を世界に発信できる人材を育成するために、國際日本學科でも「英語PUT」を開講。

國際日本學科では、日本と世界に関する豊かな教養を身につけ、日本の魅力を世界に発信できる人材を育成します。そのため、「日本語」を専攻言語としながら、グローバル社會での英語の重要性を考えて、他學科と同様に「英語」を基盤言語に設定。1年次の必修科目として「英語PUT」を開講し、英語で発信する力を高めます。

草蜢社区日本在线直播-忘忧草社区在线WWW-免费看黄A级毛片