グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ




學長メッセージ



國際コミュニケーション研究科について

21世紀の始まりから20年余、私たちはいま、グローバル化時代という數々の不確実性に満ちた流動化の時代を生きています。日本の社會も、過去の栄光にすがることなく、?競爭?と?共存?という二つのベクトルが交差する矛盾に満ちた狀況のなかで厳しい戦いを迫られています。

 こうした時代に強く求められる人材とは、いうまでもなく?高い教養や優れたコミュニケーション能力を備えた創造的な個性であり、何より強靭な精神力を備えた人材です。 また、教育や研究の現場では、強いリーダーシップと共感性に秀でた高い人間力が求められています。

 今日、日本の學術研究に大きな変化のきざしが現われています。 どの分野にあっても、“研究のための研究”という態度は通用しにくくなりました。むしろ、社會が身近に抱える矛盾や課題を解決し、地域の人々の生活に広く貢獻できる研究が求められています。

 「人間教育と実學」を建學の精神とする本學の大學院が理想とするのも、まさに世界に通用する実學的な研究であり、リアルな問題意識に裏付けられたテーマの発掘です。

亀山郁夫學長

 さて、 私たちの名古屋外國語大學では、1997年4月、大學院 國際コミュニケーション研究科を設置して以降、多くの優れた高度専門職業人、教育者を養成してきましたが、この度、ソサエティ5,1にみられる新たな時代の要請に即して改革に踏み切りました。

 前期課程では、英語?英語教育コース、日本語?日本語教育コース、グローバルコミュニケーションコースの3コース制をとり、同じかたちを後期課程につなげる改革です。それぞれのコース、分野は、現代の日本社會に役立つ高度な學識を修得させるカリキュラムの構成を持ち、學生ひとり一人を大切にする溫かい指導體制を誇りとしています。
 
 この改革をとおして、本學における大學院教育の姿が、より鮮明にアピールできると同時に、これまで以上に専門性の高い教育を実現できるものと確信します。

 最後に、創造性にあふれるテーマの発見と実りある研究生活を心より祈念します。

(名古屋外國語大學 學長 亀山郁夫)
草蜢社区日本在线直播-忘忧草社区在线WWW-免费看黄A级毛片