グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



日本ドストエフスキー協會畫像

催し物のご案內

フョードル?ドストエフスキー生誕200年記念シンポジウム

開催のご案內

主催:名古屋外國語大學
(科研費:基盤研究B「危機と再生のヴィジョン:ドストエフスキー文學の世界性をめぐる超域的研究」代表者 亀山郁夫)
協力:日本ドストエフスキー協會(DSJ)
お問い合わせ:日本ドストエフスキー協會 dsjn_gg@nufs.ac.jp
日時:2021年2月28日 午前10時~午後5時半
実施方法:オンライン(Zoom)
なお、併せて、DSJの公式HPもご覧ください。https://www.dsjn.jp/

■全體進行(梅垣昌子)
■午前の部(10時~12時):(司會:望月哲男)
研究報告:「多面的なドストエフスキー」
齋須直人:「ロシアの學校教育科目《文學》の教科書に見るドストエフスキー」(25分)
越野剛:「『罪と罰』のマンガへの翻案について」(25分)
福井勝也:「ドストエフスキーの政治思想」~渡辺京二氏の著書に觸発されて」(25分)
亀山郁夫:「ドストエフスキーにとって美とは何か」(25分)
■午後の部Ⅰ(13時~):(司會:亀山郁夫)
特別講演:長縄光男「ドストエフスキーとゲルツェン――問題の所在」」(40分)
■午後の部Ⅱ(14時~15時半):(司會:亀山郁夫)
シンポジウム(1)「コロナ禍時代に考えたこと」
話題提供:沼野充義「コロナ禍の時代に『罪と罰』を読む」(20分)
パネリスト:科研メンバー全員の近況報告と議論
(林良児、甲斐清高、白井史人、梅垣昌子、藤井省三、野谷文昭、番場俊、望月哲男、越野剛、齋須直人)
■午後の部Ⅲ(15時45分~17時半):(司會:番場俊)
シンポジウム(2)「ドストエフスキーと《危機》の想像力」
基調報告:亀山郁夫「なぜ、《ドルゴルーキー》なのかーー『未成年』における《危機》の想像力」(30分)
パネリスト:望月哲男/越野剛/沼野充義/番場俊

記念講演者紹介
長縄 光男(ながなわ みつお、1941年~)ロシア文學者、橫浜國立大學名譽教授。ロシア思想史、日露関係史、日本における正教史を主な研究対象とする。モスクワ大學客員教授、ドストエフスキー記念オムスク大學日本文化講座派遣教授等を歴任。1965年一橋大學社會學部卒業。一橋大學大學院社會學研究科博士課程修了。ゲルツェン『過去と思索』(全3巻、共訳)で、日本翻訳出版文化賞、木村彰一賞受賞。2006年に橫浜國立大學人間學部教授を定年退官。その後上智大學ロシア語學科や法政大學で非常勤講師としてロシア史の教鞭をとる。2007年モスクワ大學客員教授。2010年度ドストエフスキー記念オムスク大學日本文化講座派遣教授。著書『ニコライ堂遺聞』では、日本正教會史について亜使徒ニコライが働いた明治時代のみならず、あまり觸れられる事がこれまで無かったセルギイ?チホミーロフ府主教時代についても執筆範囲とし、研究領域を拡大した。
?単著
『ニコライ堂遺聞』(成文社 200年)『ニコライ堂の人びと 日本近代史のなかのロシア正教會』(現代企畫室 1989年)『評伝ゲルツェン』(成文社 2012年)『ゲルツェンと1848年革命の人びと』(平凡社新書 2015年)
?訳書
リハチョフ『文化のエコロジー ロシア文化論ノート』(群像社 1988年)
ゲルツェン『向こう岸から』(平凡社ライブラリー 2013年)他 
?共訳
『宣教師ニコライの全日記』(全9巻、2007年) ゲルツェン『過去と思索.3』(金子幸彥?長縄光男訳 筑摩書房、1998~99)他。
今後、DSJ は、引き続き、フョードル?ドストエフスキー生誕200年を記念する國際シンポジウム、講演會、セミナー等、さまざまな活動を積み重ねていきます。
詳しくはまた、DSJ ホームページ上で改めてご案內いたします。https://www.dsjn.jp/03/
草蜢社区日本在线直播-忘忧草社区在线WWW-免费看黄A级毛片